キャバ嬢さくらがキャバクラの税金について分かりやすく解説するよ

 

キャバ嬢さくらです

 

 

キャバクラで働いているけど税金ってどうなるの~!と思ってマイナンバーや税金のことなど、いざ調べてみても

何が何やらよく分からないっていう方多いんじゃないでしょうか

 

 

そこで今回はキャバクラの税金について解説しますっ!

 

 

 

キャバ嬢の確定申告

 

 

確定申告とは、1年間で稼いだお金を申告して税金を払ってくださいねっていうものなのですが本来は働いたら確定申告をしないといけません

 

 

でも、キャバ嬢で確定申告してる人なんてほぼいません

 

 

 

それはなぜなのかというと
お給料から10%引かれていますね

 

 

これは源泉徴収といって
お店がお給料から10%引いてそのお金を女の子のかわりにまとめて税務署に納めているんです

 

 

なので、女の子はキャバクラで働いたら、自動的に10%納めているということになります

 

img src=”puppy.jpg” alt=”キャバクラの源泉徴収票”

 

 

 

お店が税務署にお金を納めていない場合はどうなるの?

 

 

たまに、10%を女の子から徴収しているのに
納税していないお店があります

 

 

その場合はどうなるのか?というと
女の子のお給料から10%は引いているので
働いている女の子は何の問題もありません

 

 

 

お店が未納なのが税務署にバレると
お店が納めるべき金額と延滞金をお店がおさめることになります

 

キャバ子
私たちは気にしなくて大丈夫なのね!

キャバ嬢が確定申告をきちんとするとどうなるのか

 

 

確定申告をしているキャバ嬢はほぼいませんが、確定申告をしたらどうなるのか?というと

 

 

  • 所得税を払いすぎていたら、返してくれる
  • 住民税がかかる
  • 親の扶養に入っていたら扶養から外れる
  • 自分で健康保険料を払うことになる

 

 

このようになりますがほとんどの場合、マイナスになってしまいます

 

 

ちなみに本業で昼間のお仕事をしている子が確定申告をすると、副業分の住民税を「普通徴収」にしておかないと、昼のお仕事にもバレますので注意です

 

 

はむちゃん
確定申告しないほうがよさそうはむ

 

 

ただし、高級店では確定申告を義務づけているお店や推奨しているお店があります

 

 

 

 

 

でも高年収のキャバ嬢は注意!

 

 

年収2000万円前後の収入があるキャバ嬢さんの場合は注意です!

 

もしもお店に税務調査が入った場合、調査されてしまう可能性があります

 

 

 

その対策として、領収書を集めましょう!

お給料から経費が引かれたものが所得になりますので万が一調査された時、税金が減ります

 

 

  • 携帯代
  • タクシー代
  • 飲食代
  • ドレスや靴代
  • ヘアメイク代

 

 

このあたりが経費として認められます

カード支払いでも経費でかかったぶんの証明はできます

 

 

でも

マンションや高級車を購入する
インスタグラムやツイッターなどでハデに稼いでる自慢をする

 

こんなことをしていると、税務署から狙いうちにされる可能性があるので注意してくださいね!

 

 

 

給料振り込みのお店でも同じです

 

よく給料を手渡しではなく振り込みのお店に勤務をすると、通帳に記録が残るからと税金を心配される方もいますが振り込みでも手渡しでも変わりません

 

振り込みでも問題なく大丈夫なのでご安心ください!

 

 

気になるキャバクラで働いている女の子のマイナンバーは?

 

マイナンバーについても気になりますよね!

こちらもほとんどの場合は大丈夫です

 

支払調書というものがありお店から税務署に提出するのが義務になっています

 

 

この支払調書は女の子のマイナンバーをつけて提出するので、この書類を提出するお店では税務署に所得がバレてしまいます

 

 

でも、ほとんどのお店は提出していません!

 

 

なので、マイナンバーをお店から聞かれることがなければ大丈夫です

 

 

 

キャバクラ派遣での税金と確定申告

 

キャバクラ派遣はお店側がお給料として女の子にお金を支払っていることがほぼありません

 

雑費などの名目になっていることがほとんどなので確定申告をしている子もほとんどいません

 

 

また、キャバクラ派遣の場合は源泉徴収票をもらえる店舗は1割くらいしかないです

 

 

 

心配しなくても大丈夫です!

 

まとめると

 

  • 年収2000万前後稼いでる
  • インスタなどでド派手な生活をアップする
  • マンションや高級車の購入

 

こういうことをしてたりこのような条件でなければ大丈夫っていうことですね!

 

 

税務署はキャバ嬢を狙ってお金を取ろうとしているわけではなく、お店から未納になっている税金を納めさせようとしています

 

 

なので、基本的に心配しなくても大丈夫です

 

 

ただ、100%保障するものではないので、これを読んでも心配な方は、税理士さんに相談してくださいね!

 

 

 

この記事を書いた人
キャバ嬢さくらのナイトワーク案内

プロフィール画像

有名店から穴場のお店まで♡

働くお店をお探しの方は、いつでもお気軽にご連絡ください!
現役キャバ嬢さくらが首都圏450件以上のお店の中からあなたの条件にあったお店をご紹介します!

ライン

「キャバ嬢さくらがキャバクラの税金について分かりやすく解説するよ」に関連する記事

  • 絶対に売れるキャバ嬢の源氏名つけかたと実例集

  • 六本木のキャバクラで働きたい!特徴と客層

  • ガールズバーのバイトを解説

  • 寮つきのキャバクラのメリットデメリット

  • 知らないと失敗する!働いてはいけないヤバすぎるキャバクラの落とし穴

  • キャバクラの体験入店するのは何曜日がいいの?

キャバ嬢さくらのナイトワーク案内